Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまでもできないこと

RAOをして17年

大概のことはできますが、いまでもできないこと、やりにくいことがあります


みなさん個人差はあると思いますが、ご参考までにわたしの場合です


やりにくいこと
・術側の爪きり : 可動域は問題なくても、股関節を曲げた状態に維持しておくことがちょっと大変

・術側のブーツの脱ぎ履き : 靴下は履けますが、ブーツは大変。
 履くときは、ちょっと脚を手で介助してブーツの中に脚を入れてあげますが、
 脱ぐときが大変です。これもまた、股関節を曲げた状態で維持できないので(筋力)、手で介助して脚を引きだ しますが、踵が脱ぎにくいちょっとタイトなものはアウト!
 試着時は、店員さんに事情を伝えヘルプです。

 
できないこと
・スキー : 何度か挑戦しましたが、股関節の内外旋の筋力が低下したため、板をコントロールすることができ ず、方向転換が大変。特に、転倒したときは板を持ち上げるだけの筋力がないために、まったく身動きがとれず に他者にヘルプです。
 まだ、両足を板に固定しているスノーボードの方が動きはらくでした。

・長い距離を歩く

術後数年後、一時は、様々なスポーツや小さな登山もしましたが、
予後を考えると控えざるをえないかなという状況です。



 

X脚を予防

X脚(外反膝)の方をよく拝見します


私も術側は、術後さらに外反がみられるようになりました


原因はいろいろありますが、

・股関節のお尻側の外旋筋群(つま先から足全体を外に向ける)の筋力低下や内旋筋との関係

・中殿筋という股関節の安定に重要で、足を横に開く筋力の低下により
 その上を蓋っていて中殿筋と同じく足を横にひらく筋の筋膜張筋が過剰に働いてしまうことにより
 膝が内側に入ってしまう(内旋)
 :(固定筋であるインナーの中殿筋の働きが弱いために、アウターの筋膜張筋・腸脛靭帯が代償的に過剰に働いてしまうのですが、筋膜張筋は内旋筋でもあるので、膝が内側に入りやすくなってしまいます)


そこで、簡単にできるX脚予防


よく用いられるのが立った状態でのエクササイズです


足の裏を地面につけ、
立った姿勢で、お尻を引き締めます
このときに注意することは、腰が反り返らないこと
やや骨盤を後ろに倒し、背中の筋肉が過剰に働かないようにしましょう




立位で股関節痛みがある方などは避けましょう


(筋膜張筋の代償による場合はもちろん、中殿筋の強化も必要です)



股関節が悪くなくても、
歩くとき、ちょっとX脚傾向かなと思ったらためしてみてはいかがでしょうか


X脚による、膝関節症の予防にもなります





懐かしくて♪

昨晩、トコロさんの番組でヴェローナが紹介されていました。
円形劇場に、ジュリエットの家~

ヴェローナの待ちはローマ帝国時代の建造物が町中に混在していて、歴史そのものを感じる町。

北部にあってドイツやオーストリアからたいして離れてなくても、町の色はやっぱりイタリア!らしさを感じますよね。

そんな中、番組中にレストランのBOTTEGAが登場!

壁一面に並ぶワインや、シャンデリア、スマートなギャルソン、そして何より美味しいお料理!

印象深いお店だったのでお店の正面が写ってすぐにわかりました☆

わたしは、牛さんをいただきましたが、馬肉が有名だったんですね。

今度またヴェローナにいく機会があったら是非食べてみたいです♪


ヴェローナに行ったときの写真が行方不明なので、自分で作ったphoto bookから↓

P1030470.jpg


P1030471.jpg


P1030472.jpg

かかとをつくと、お尻の付け根が痛いよぉ~ そんなとき

歩くとき、かかと(踵)をつくと、お尻の付け根が痛い!



股関節や下肢に問題があると、さまざまな理由から踵をつくとお尻の付け根が痛くなることがよくあります。




そんなとき、ちょっと見落とされがちだけれども、とっても重要な場所があります。


それは、

「仙結節靭帯」です。


これも、検索して画像をみていただければわかりやすいと思います。

仙骨と坐骨結節を結んで斜めに走っている靭帯です。



歩くときに踵をつくとお尻の付け根が痛い と

いうと、つい大腿二頭筋という筋肉のついている坐骨の部分や、梨状筋ばかりに注目されがちですが、

この「仙結節靭帯」も結構ゴリゴリになっていたりします。


慣れると解りやすいのですが、

仙骨の下の角から坐骨にむかって(画像検索してみてください)、下外方に走る線維を見つけてみてください。


もし、そこが硬くなっていたりするようでしたら、その線維を横切る方向に軽く圧を加えるだけでも
硬さが少しとれたりします。痛みも軽減することがあります。

しかし、もし、痛みが悪化しそうだったり、ちょっと触るだけでも痛い場合は無理に行わないで専門家に相談してくださいね。



痛みの治療は、いつから痛いか、強度はどのくらいか、過敏性はどうか、自律神経症状は、どのような痛みかなどさまざまなことを踏まえて、痛みの治療の順番や程度、方向などを決めていきます。



忘れ去られがちなお尻の痛みについてでした

「声」を「目に見えるかたち」に!

避難カード・安心カード
つくりました


障害のある方や、内部疾患のある方、高齢の方が
災害時、日常でも使えるように工夫してみました☆


作成するのに、一番こころに留めた点は
「声」を「目に見えるかたち」にすること です



災害時でも、日常でも


お手伝いして欲しいほうは

・声をかけてもいいかな

・お願いするのはためらうな

・必要な介助・支援をうまく説明できるだろうか

・何度も説明することに心身ともに疲れてしまう

お手伝いするほうは

・困っていらっしゃるようだけれども、声をかけていいのだろうか

・声をかけても、何をどうしたらいいかわからないのではないか



など、両者の目に見えないためらいや不安があります


それを、良い形でつなげられることはできないかと思いました



そのためには
そのような「声」を「目に見えるかたち」にしてはどうか
と考え、声をカードというかたちにしてみました。



アメブロで展開しています。(FC2では股関節疾患を主に書いています)
ご覧になっていただければ幸いです☆
http://ameblo.jp/honobono-moon/entry-11234372673.html

http://ameblo.jp/honobono-moon/entry-11245974312.html

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。