Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/6-aea448f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

7/15  

同級生から色紙をもらった。
    

発見! 母が買ってきてくれたマグカップの裏に「ガンバレ、ママより」とあった。


病院の中では、色んなところで幸せをもらっている。
朝の新聞屋さんの笑顔もそうだ。どの患者さんがどの新聞かを忘れないことで存在感が生まれる。
 


医大の屋上は眺めがいい。



今日、KUさんという屋上仲間のおじいさんに、「しゃべりたいなぁ。」と言われて、病室に会いに行った。
腎臓を採った歌好きなおじいさん。今の自分の状態がいやなんだろうな。楽しみがみつかったようで笑顔だった。



病棟ではロンゲ君とも仲良くなった。


彼はアキレス腱が短縮してしまう病気で中学生の頃からもう3回手術しているそうだ。


また10月に手術の予定がある。今風の子だけど、人の気持ちのわかる優しい目の子だ。



彼は、「高校時代軽い部活に入っていた。バスケが主だよ。」と言っていたが…。


きっとやりたくてもやれなかったんだろうな。


彼はこれから、家でじっとして10月を待たねばならない。



将来不安だろう。それなのに私を励ましてくれた。
    


「理学療法士無理じゃない?」


とのある医師の言葉に私が泣いたこと、将来の夢のこと、励まし勇気をくれた。


1つ下の男の子に大きな勇気をもらった。


それから、一見40代くらいに若く見える50代のおじさんとも仲良くなった。


足関節に腫瘍ができているらしい。


入院して一週間。検査尽くしで、悪性か良性かもわからない。不安でいっぱいの毎日。



「こんなくらいなら足とっちゃえ!」と明るく言っていた。



医師は結果を知っているのに教えてくれず、火曜日の回診まで待ってと…。


きっと余計に不安だろう。


良悪どちらでもいいって言っていたけど、絶対そんなことはないもの。


おじさんは、眠れないから12時までいつもナースステーション前の階段で本を読んでいる。


夜、眠れないからトイレへ行くと、茶髪お姉ちゃんがいなくなったと看護師さんが探していた。


おじさんが階段で上がっていくのをみたと看護師さんに教えてあげたら、見つかった。


エレベーターでは看護師にみつかり注意を受けるから階段を使ったようだ。



一人になりたかったんだろうな。



昼間、小学生の女の子が「(オペ)明日だね。」って言ったら、


茶髪お姉ちゃんは笑い飛ばしながらだけど


「言わないで。自分で言ってる分ならいいけど、人には言われたくない。」と言っていた。


わかる気がするな…。


部屋に戻りベッドに入ると、


自分はみんなに比べ良くなることが保障されているんだな、


みんなの病気もケガもなくなればいいのにと思うと涙が出てきた。



病院の夜は、不安で眠れない人が沢山いる。

  
    
患者さんは、みんないつも笑顔で優しい気の効く言葉をかけてくれる。



でも人の話を聞くときは、必ず、どんなことでも真剣に耳を傾けてくれる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/6-aea448f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。