Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/48-75635eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

M/PTとのキセキの再開  in  銀座

16年前、RAO術後、病院で私のリハを担当して下さったのがM/PTでした。

そして、約10年後、偶然の再会を得て、全く想像もつかなかった場所で、私はまたM/PTの患者さんにななるのでした。



M/PTには、16年前の退院後も大変お世話になりました。

1人暮らしで学生の私は、両松葉杖に加え、重い教科書の入ったリュックを背負い、登下校していました。

これに加え、昼間も夜も一日中、座って勉強です。

頭から足先まで、体中ゴチゴチで、パンパンで…

さらに入院中に生じたヘルニア。

体中が辛くて辛くて、身の置き場のない状態でした。

そんな中、ちょうど私が退院した頃に、M/PTが病院を退職され、整骨院にお勤めになられました。

退院と同時にリハが終了だったのですが、体中の痛みやヘルニアに耐えられずM/PTのいらっしゃる整骨院で見ていただくことになりました。


バイトもできず、多額な入院費を親にかけてしまった、貧乏学生の私は、数百円/回の診療代も捻出するのが困難でした。

それを、察してM/PTは時折、そっと治療代を半額にして下さったり、時に治療代なしにしてくださったりしました。

その分、M/PTが私のかわりに負担して下さっていたのだと思います。

9月の入院中に前期試験、退院後から後期授業、3ヶ月も続く口頭試問の試験期間、その直後に後期試験、そしてすぐに臨床実習… と体を休める時間が全くなく、身体的にただじっとしているのも辛い中、どれ程助けていただいたか。


本当に感謝以外の言葉がみつかりません。


そしてそれから、約10年後、またM/PTに患者としてお世話になることになるのです☆

全くの偶然でした。

数年前、PTとして臨床で働いていた私は、足腰に痛みが出るようになっていました。

そんな折、遠方の友人から

「銀座で股関節専門に開業しているPTがいる。HPでみたらどうかしら。」

と連絡がきました。

その時は、まさかその方がM/PTだとは全く思いもしませんでした。

そして、私の名前は伏せて、自分の股関節の病歴をメールしました。

すると、帰ってきたメールに「○○さんでしょ?  Mです。」と。

もう、キセキの再会に鳥肌が立ちました。

それから、またM/PTとご縁ができ、

診て頂くことになったのです。


まさか、同じPTに全く違う場所で、もう一度担当してもらうとは!



そして、もうひとつ不思議なことに、

なかなか東京まで行けなくなった私は、

自分の住んでいる県の、K/PTにリハをお願いすることにしました。

すると、治療初日、お話をしていると、その方が翌月からM/PTのところへ深圧の研修にいくことになっていたのです。

以来、そのK/PTにもお世話になっています。

現在はK/PTも開業されました。ブログにもリンクしてあります。

M/PTにK/PT、そして私。あまりの不思議なご縁にびっくりしました。

1人の患者として「あぁ、よいPTの縁に恵まれて幸せだなあ…」とつくづく思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/48-75635eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。