Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C11]

こんばんわ。
私のブログにコメントしていただき、ありがとうございます。

ブログを読ませて頂いて、勉強になる部分も沢山あり、またまだ私は実際の患者様に接してないので、患者様の気持ちがリアルに分かって、色々と実習に向けて考えなくては。と思いました。

私は、一年生の時に1週間程入院しました。その時は1つのテストが追試になったくらいでしたが結構大変でした。でもいい思い出です。そして、今まで三年間、身内の死なども経験して、自分を見つめ直すいい機会にもなっていると思っています。

よかったら、またブログに遊びに来てください。私もまた拝見させていただきます♪

[C12] tomoさんへ

私のブログにいらしてくれてありがとうございます。

tomoさんも、お辛い思い、様々な思いをされたのですね。

お辛い思いもあったでしょうが、その苦しみを経験なされたことは、すぐに患者様に通じます。

患者様やそのご家族は自分より先輩のことが多いです。
ですから様々な経験をしていらっしゃいます。
そんな時に、同じ思いを経験されたtomoさんが寄り添って下さったら、どれ程患者様や、そのご家族の支えや癒しになるかわかりません。

tomoさんのこれからを応援していますね!

ブログまた、拝見しますね。

[C13] こんばんは。

こんばんは。リンクさせて頂いているtomoさんのブログより来ました、田舎者@ptsのブログのヨーントと言います。
私は、大学で福祉を専攻し、社会福祉士としてソーシャルワーカーをしていました。ですが、現場で夜勤もして利用者が亡くなる場面もあり、ていうことをしていました。理学療法士を目指したのは病院時代の理学療法士に勧められたからですが、自分自身中枢神経に(当時用語分かりませんでしたが)興味を持ったのも大きいです。脳はまだまだ分からない部分多いということを知り、それを調べて少しでも何か出来たらと思いました。私は一度精神的にかなり酷い時期がありましたが、そこから立ち直ることができたと思います。それを支えてくれたたくさんの人々に感謝し、これからは逆に感謝を形にしたいと思ってます。

tomoさんには色々と学び教えても頂いていますが、素晴らしい方ですよね。
又私のブログにも良かったら来てくださいね。私は睡眠障害みたいなことがあるので、いつでも歓迎です。ちなみに明日(今日ですね)は、模擬患者の評価で準備とかしながら今に至ってます。

[C14] ヨーントさんへ

ヨーントさんへ
ブログに来てくださり、またコメントありがとうございます。
MSWとしてご勤務されていたのですね。
MSWも過酷なお仕事ですよね。私の友人もMSWですが、やはり体調を崩し、「お互い自分を大事にしなくちゃね。」と最近話したばかりです。


今は理学療法士の勉強で大変な日々もあると思いますが、お身体無理せずPTを目指してくださいね。

PTは制度上の知識にはどうしても乏しい面があります。私もMSWに確認したり、ケアマネをとったりしていました。

ヨーントさんは、PTの知識に加え、MSWとしての知識もおありですから、患者様やご家族に詳しく自ら説明できるという素晴らしい強みがありますね。
患者様やご家族も安心されることと思います。

精神的にもお辛い時期があったそうですね。私もそのような時期がありました。
身体の痛みも辛いですが、心がいうことをきかないのは、また本当につらいものですね。
でも、多くの方に支えられたとのこと。

ヨーントさんのおっしゃるように、自分が元気になったら誰かのお役に立たせていただき、また辛いときは手を貸していただき…

私は世界はそうやって丸くなっているのかななんて、思います。

肩の力を抜いて、今日一日元気なら100点! って、ゆっくりいきましょう!

ブログにもお伺いしますね。

  • 2011-11-16 18:38
  • Summer+Tirol
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/46-232f9d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

8/14  ~ 今でも言葉にならない ~

昨日の夜、Mおじさんと話をした。


癌だったそうで、


下腿切断をするそうだ。


「足の指は動くのに…」


とつぶやいていた。


おじさんの気持ちを考えたらおじさんの前で泣けてしまった。




CPM:110° CPM終了。


O先生がCTの結果などいろいろ教えてくれた。


椎間板の形が少し変わっていた。左股関節と両膝が痛い。
スポンサーサイト

コメント

[C11]

こんばんわ。
私のブログにコメントしていただき、ありがとうございます。

ブログを読ませて頂いて、勉強になる部分も沢山あり、またまだ私は実際の患者様に接してないので、患者様の気持ちがリアルに分かって、色々と実習に向けて考えなくては。と思いました。

私は、一年生の時に1週間程入院しました。その時は1つのテストが追試になったくらいでしたが結構大変でした。でもいい思い出です。そして、今まで三年間、身内の死なども経験して、自分を見つめ直すいい機会にもなっていると思っています。

よかったら、またブログに遊びに来てください。私もまた拝見させていただきます♪

[C12] tomoさんへ

私のブログにいらしてくれてありがとうございます。

tomoさんも、お辛い思い、様々な思いをされたのですね。

お辛い思いもあったでしょうが、その苦しみを経験なされたことは、すぐに患者様に通じます。

患者様やそのご家族は自分より先輩のことが多いです。
ですから様々な経験をしていらっしゃいます。
そんな時に、同じ思いを経験されたtomoさんが寄り添って下さったら、どれ程患者様や、そのご家族の支えや癒しになるかわかりません。

tomoさんのこれからを応援していますね!

ブログまた、拝見しますね。

[C13] こんばんは。

こんばんは。リンクさせて頂いているtomoさんのブログより来ました、田舎者@ptsのブログのヨーントと言います。
私は、大学で福祉を専攻し、社会福祉士としてソーシャルワーカーをしていました。ですが、現場で夜勤もして利用者が亡くなる場面もあり、ていうことをしていました。理学療法士を目指したのは病院時代の理学療法士に勧められたからですが、自分自身中枢神経に(当時用語分かりませんでしたが)興味を持ったのも大きいです。脳はまだまだ分からない部分多いということを知り、それを調べて少しでも何か出来たらと思いました。私は一度精神的にかなり酷い時期がありましたが、そこから立ち直ることができたと思います。それを支えてくれたたくさんの人々に感謝し、これからは逆に感謝を形にしたいと思ってます。

tomoさんには色々と学び教えても頂いていますが、素晴らしい方ですよね。
又私のブログにも良かったら来てくださいね。私は睡眠障害みたいなことがあるので、いつでも歓迎です。ちなみに明日(今日ですね)は、模擬患者の評価で準備とかしながら今に至ってます。

[C14] ヨーントさんへ

ヨーントさんへ
ブログに来てくださり、またコメントありがとうございます。
MSWとしてご勤務されていたのですね。
MSWも過酷なお仕事ですよね。私の友人もMSWですが、やはり体調を崩し、「お互い自分を大事にしなくちゃね。」と最近話したばかりです。


今は理学療法士の勉強で大変な日々もあると思いますが、お身体無理せずPTを目指してくださいね。

PTは制度上の知識にはどうしても乏しい面があります。私もMSWに確認したり、ケアマネをとったりしていました。

ヨーントさんは、PTの知識に加え、MSWとしての知識もおありですから、患者様やご家族に詳しく自ら説明できるという素晴らしい強みがありますね。
患者様やご家族も安心されることと思います。

精神的にもお辛い時期があったそうですね。私もそのような時期がありました。
身体の痛みも辛いですが、心がいうことをきかないのは、また本当につらいものですね。
でも、多くの方に支えられたとのこと。

ヨーントさんのおっしゃるように、自分が元気になったら誰かのお役に立たせていただき、また辛いときは手を貸していただき…

私は世界はそうやって丸くなっているのかななんて、思います。

肩の力を抜いて、今日一日元気なら100点! って、ゆっくりいきましょう!

ブログにもお伺いしますね。

  • 2011-11-16 18:38
  • Summer+Tirol
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/46-232f9d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。