Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/43-dba0e05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホソク・7  術後必需品 ・ 禁忌肢位 ・ 入浴と更衣のコツ

* 股関節術後禁忌肢位は、
→ 「屈曲・内転・内旋」


* 股関節術後、なくてはならないのが、
→ 「マジックハンド」



これなくしては、できない動作ばかり。


なぜなら、


1.術後、仰向けのときは、台形枕を挟み、股関節外転保持で全く動けない。

  → カーテン引き、布団をかけるなどに役立つ


2.端座位がとれるようになってからは、「屈曲・内転・内旋」の禁忌肢位に注意しなくてはならない

  → 床に落ちたものを、自ら体をかがめ取ることはできません。


3.着替え
  
  → パンツ許可おりても、足が自動で動かないから履けないのです。かといって、 股関節屈曲も禁忌だし痛い    しできません。
    輪投げの用に投げて足先に入ればいいけど、外れた日には最悪。ましてベッドからとんでったらまあ大     変です。お風呂場でも同じです。

    そこでマジックハンドで、患側つま先に下着を引っ掛け引き上げ、健側を入れます。
    ズボンや靴下も同じ。


4.移動

  → 今でこそ、エレベーターに車椅子用の各階行きボタンがありますが、無いこともあり、そんなときは
    これで、立位の方用のボタンを押します。上の階なんて全然届きません。


5.物をとる

  → 臥位・座位ともに自由度は低いから、ベッドまわりや、脱衣所の衣服、床の物を取るのに必須。

    特に、入浴時。
    床に、シャンプー、石鹸などを置かざるを得ないときは、全く取れません。
    まして、禁忌肢位に注意しなくではいけないから、かがむなんて持ってのほか。
    特に、患側床に物が落ちた時、本当にどうにもなりません。
    

6.荷重

  → 辛いのは患側に物が落ちたとき。
    荷重がかかってしまうし、痛いし、禁忌肢位になる可能性ありアウト。
    
    洗面台が車椅子が正面から入れない場合、患側を洗面台につけてしまうと、歯磨き、洗面何にしても大変    です。健側をつける方が楽です。



<お風呂のコツ>
車椅子で脱衣所まで行ったら、風呂場用の車椅子に乗り換えます。
洗体して、今度は風呂場用車椅子から自分の車椅子に移るときに問題が起きます。

立位も取れないし、足も拭けない。背中もお尻も拭けないのです。

そこでコツが、自分の車椅子の方にバスタオルを敷いておきます。背もたれから、座面まで。

すると、拭けていない場所があっても、自分の車椅子に移乗することでかなり吸い取ってくれますし、ちゃんと拭けなかったゆえに、自分の車椅子を濡らしてしまうことも少なくなります。

それに、フットプレートに足を乗せるともう少し拭けたりします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/43-dba0e05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。