Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/42-fa1465d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

8/12  シャワー入浴開始 ・ 入浴動作と環境

お風呂にも入った!


看護師さんが「あんたもう車椅子なんだから入んなさい!」って…。


いくら、若いったって、3週間臥床による起立性低血圧と貧血と筋力低下による影響は大きい。


自分でもここまでとは思わなかった。なるほど、少しでも早く起こしたり、離床を促すべきだ。


これが、筋力の低下した人や、老人や貧血のひどい人はすごく大変だよね。



<入浴動作>
患側の筋力低下により下肢が持ち上がらず、立位時足をついてしまう。

もちろんNWB。    

これによる疼痛は無いが、方向転換時足が身体と一緒に回らない。

患側下肢が力が入らず動きに合わせて外旋、外転できないし持ちあがらないのだ。

身体の動きに伴って足がついてこない。足が無理に回旋されて痛い。

こんな状態で入浴なんて!! 


立位の練習すらしていない。立位に慣れてないのに。


挙句の果てに、看護師さんから「準備しておいて!」って。

なんとか身体を動かしやっとこ、さっとこ柵にたどりついたら、「用意してって言ったらすぐ始めてよ。何グズグズしてんのよ。後がつかえてんの。私もう帰るのよ。誰がやってやんの!」って看護師さんに言われた。


すごい悔しかった。すぐ動いたのに。それでもこんなに時間がかかっちゃうのに。

ベッドの上の物が取れずに、四苦八苦していたら、「入る気あるの?さっさとしなさい。私がとってやるから!」だって。

それから、人の荷物をあさり始めて。プライベートなんてあったもんじゃなかった。


入浴。


入る時はバンバン脱がせられて、恥ずかしいんだぞ。

入浴用の車いすを寄せてくれて、見守られて入った。

ところが、出る時は一人…!!。

悔しくて一人でやったよ。凄いことだぞ。

なんて沢山不便なことがあるんだ。体験してみてよくわかった。


例えば、脱衣所の広さ。

車椅子で十分に方向転換できるスペースが必要。

棚もせめて2段くらい、車椅子で手の届くところに欲しい。

床に敷いてあったマットが引っかかり邪魔。

脱衣所に手すりは絶対必要。つかまる所がないから車椅子で反動をつけて立つしかなく、立ってからもつかまるところがない。縦てすりが必要。絶対便利。健側に。

絶対必需品がガチャガチャ(マジックハンド)。これがないと、ベッド上、入浴、エレベーターまで、どうにもならない。下に落ちたもの、棚のもの全て。だって届かないんだもん。

ベッドにいた時は体幹を回旋させるだけで、股関節に痛みがあり動けず必要だった。

入浴時は足が上がらないし、股関節が曲がらないからパンツもズボンも履けない。

それに、あのお風呂場じゃズボンがぬれてしまう。

湯船に入るなんてもってのほか。桶だって使えない。体が曲がらないんだもん。

患側に物が落ちると大変。患側に体幹を傾けると体重がかかり股関節が痛くなる。

歯磨きの時は、健側に車椅子を横付けすれば体を傾け乗り出せばできる。



お風呂のときに発見したが、傷口から下の筋肉が硬く、飛び出し、熱を持っていた

ずっと座っていると、寝て足を伸ばすときに足の付け根が痛い。




今日は高校時代の友達と後輩が電車に乗って来てくれた。落ち着くな。話していたら、私の足から垢がこぼれ落ちていたのに気がつき(洗ったのに)、みんなが部屋にバケツを運んでくれて洗ってくれた。指の間まできれいにしてくれた。本当に汚いのに嫌な顔せず、当たり前のように。


ありがとう。涙でちゃうよ。

CPM:110°

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/42-fa1465d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。