Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/28-4fba0e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホソク・4  RAO・1

RAO(Rotational acetabular osteotomy)
= 寛骨臼回転骨切り術


臼蓋形成不全や先天性股関節脱臼など、股関節の屋根が足りない場合に用いる手術のひとつです。


このような症状に対し、いくつかの方法もありますし、症状の進行状況、年齢により選択肢も変わってきます。


私は初期股関節症でしたのでRAOの適応でした。



屋根が浅いと何が問題でしょう?


いくつかありますが、


大きな問題は、荷重面の問題があります。


股関節は手や肩と違い荷重関節です。


丸いボール(骨頭)に、お椀(臼蓋)が全部かぶっていれば、上から重さをかけても全体的に緩衝できますが、


お椀が半分しかかぶっていなければ、それを上から圧迫すれば、お椀のとボールに
荷重が集中してしまいます。


これにより、股関節症は悪化してしまうのですね。


そのために、自分の骨を使って、お椀を全部かぶせてあげましょうという手術です。




つまり、臼蓋を丸くくり抜き、回転させて、股関節の屋根を作ってあげるものです。


骨を丸くお椀のようにくり抜く、ノミのような道具があるんですね。


それで、お医者さんが大工さんのようにコンコンコンとくり抜いていくのです。


人工的に骨折させるわけですし、大きく皮膚も筋肉も侵襲するわけですから患者さんは痛いものです。


くり抜いた骨を骨頭を覆うように回転させ、隙間に骨を移植します。


私は、骨盤から四角く骨をとり移植しましたので、レントゲンをとると、


骨盤に四角い模様が映ります(笑)


そして、そのくり出した臼蓋を


ハイドロキシアパタイトのスクリューで固定しました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/28-4fba0e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。