Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/20-494a5903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホソク・2 術後脱臼防止肢位

RAO施行後は、股関節の脱臼を防ぐため


術後脱臼防止肢位をとります。


= 股関節外転位  です。


足の間に台形枕を入れ、ず~っと仰向けです。これが、キツイ!


術創の処置も、一苦労。


何人もの職員でこの肢位を保持したまま、「せーの!」で側臥位へ。


肢位は保持されていても、振動だけでも痛いので、側臥位に動かされるのは患者には地獄タイムです。


また、


まったく患側が動かないので、常時、骨の突出部である踵に荷重がかかり激痛が走ります。


そこで、登場するのが踵枕。小さな円座のようになっていて、踵への圧を除圧してくれます。


それから、両股関節外転位保持ですから、もともとの股関節由来の腰椎前彎に加え、さらに前彎が強まり、
腰痛も出てきます。


そして、股関節は自動で動きませんので、常に外旋位となり、腓骨神経麻痺を起こすため、外旋を防ぐよう
タオルをかうなどが必要となります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/20-494a5903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。