Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/155-beef02f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RAOとのお付き合い:お仕事編

「RAOで仕事をするのは大変でしょ?」


先日、素朴な質問をいただきました

確かに(笑)


RAO術後、医師からも「PT無理でしょ」といわれました&へこみました(笑)


そこで、RAOを受けた後について少しお話しようと思います。


さて、私がRAOとうまく付き合えてきたか…?

といえば、上手ではなかったと思います。PTですが、決して良いお手本にはなりません(笑)

リハの知識があっても、その前にやっぱり1人の人間。

ココロがうまく付き合えていなかったなあと思います。


「重いものをもってはいけない」ことは、股関節疾患には大前提。


でも、介助も多いリハの仕事をするには避けて通れない場面です。

ですから、私が臨床で働くためには、股関節への影響が大きい場面ではスタッフに協力していただいたり、

私にできる負荷の仕事を考えていただく必要がありました。


スタッフの理解と協力が不可欠です。

スタッフの方々には、本当に感謝しています。


さて、どんな風にRAOとのつきあいがヘタだったかというと、

やはり「気負い」がありました。

患者さんと接するときには、患者さんのありのままを受け止められたらと努めていても、自分のことは自分のありのままを受け止められずにいました。


「みんな(スタッフ)と同じでなくては」といつも思っていました。


もし、~RAOでPT~ の先輩が目の前にいたら違っていたかもしれませんね。

RAOをしたとはいえ常に注意が必要です。
ですから、リハ室だけでなくとも、あらゆる場面で事情を説明し、ちょっと手を貸してもらうことが必要です。


それを毎回、伝えることやお願いすることは、とても気が引けることでした。
だから、伝えないで無理をすることも多々ありました。


そして、「体で劣る分、腕を磨く努力をしなくては」
とさらに、気負っていました。


振り返ると、わたしと同じだけ、それ以上にスタッフも気を使ってくださっていたことがよくわかります。


そんなさなか、PTを辞めようと決心した出来事がありました。

「あなたがいると健常者のスタッフに迷惑だ。障害者は体が持たなくなったらやめるしかないんだよ。
迷惑をかけてまで働く気?」


「障害者を雇っていただけありがたく思え。どの仕事でも、股関節が悪いって言えば雇ってもらえないだろうから、一生、股関節が悪いことを隠して生きていったほうがいい」


ショックでした。


細かく心情をつたえることが今も辛いので控えますが、
出来ることに努めてきたけれども、やはりみんなとまったく同じでなければいけないのか…
障害者は迷惑…


そのときも、しばらくも、相手の立場にたって考えることができませんでした。


数年たって、いろいろな方と話す中で、今やっと相手の立場や、それが臨床ではひとつの事実であることも受け入れられるようになってきました。


それもそうか、ならどうするか(笑)って。


今思うのは、
もし、この十数年の経過の中で、ピアカウンセリングのような機会があれば、
もしかしたら考え方や働き方、ココロの苦しさが違っていたかもしれません。



RAOのかかえる問題は、一見、外見からではわからないことが沢山あります。

そんなとき、それを表出し、共有できる場所がもっと身近にあるといいなと思っています。



「痛みや、障害を抱えていても、職場で言い出せないのよ」


患者さんからよく耳にするそんな気持ち、共感しています


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/155-beef02f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。