Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/153-38d234ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

X脚を予防

X脚(外反膝)の方をよく拝見します


私も術側は、術後さらに外反がみられるようになりました


原因はいろいろありますが、

・股関節のお尻側の外旋筋群(つま先から足全体を外に向ける)の筋力低下や内旋筋との関係

・中殿筋という股関節の安定に重要で、足を横に開く筋力の低下により
 その上を蓋っていて中殿筋と同じく足を横にひらく筋の筋膜張筋が過剰に働いてしまうことにより
 膝が内側に入ってしまう(内旋)
 :(固定筋であるインナーの中殿筋の働きが弱いために、アウターの筋膜張筋・腸脛靭帯が代償的に過剰に働いてしまうのですが、筋膜張筋は内旋筋でもあるので、膝が内側に入りやすくなってしまいます)


そこで、簡単にできるX脚予防


よく用いられるのが立った状態でのエクササイズです


足の裏を地面につけ、
立った姿勢で、お尻を引き締めます
このときに注意することは、腰が反り返らないこと
やや骨盤を後ろに倒し、背中の筋肉が過剰に働かないようにしましょう




立位で股関節痛みがある方などは避けましょう


(筋膜張筋の代償による場合はもちろん、中殿筋の強化も必要です)



股関節が悪くなくても、
歩くとき、ちょっとX脚傾向かなと思ったらためしてみてはいかがでしょうか


X脚による、膝関節症の予防にもなります





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/153-38d234ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。