Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/149-efe87143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

良眠のために腸腰筋ケア☆

良眠のために、毎日かかせないのが

「腸腰筋ケア」
  


歩く時に足を持ち上げてくれる筋肉です。

この筋肉は実は2つの筋肉からできています。

大腰筋 ⇒ 腰の背骨~大腿骨をつなぐ
腸骨筋 ⇒ 骨盤の内側~大腿骨をつなぐ

こんな位置にあります。
詳しくは「腸腰筋」で検索をすれば、画像がすぐに出てきてわかりやすいと思います♪


何がポイントかというと、
股関節をまたいでいるということです。

体の前面に、股関節をまたいでつながれているため、股関節を曲げるように働いてくれます。


ただこの筋肉、とても硬くなりやすく姿勢にも影響を及ぼしやすいのがちょっと注意。
股関節疾患がなくても、常に座る生活をされていれば、誰でも縮こまりやすいんですね。
股関節疾患ですと、
臼蓋の浅さの問題や、筋力のバランスの問題、いろいろな問題から「腸腰筋」はより縮こまりやすいのです。


腸腰筋が硬くなると、どうなるか?
先ほどのように骨盤や腰の骨にくっついているので、
・骨盤の前への傾きが大きくなる
・腰が前に反りやすくなる

そうすると腰痛がおきやすかったり、立っていても疲れたり、
そして仰向けに寝ても腰が反っていて(仰向けに寝て腰の下に手を入れると隙間が多い)仰向けに寝ていることが疲れてしまうんです。


なので、わたしは「腸腰筋ケア」は毎晩かかせません☆
寝る前に少しでも弛めてあげてから寝るのと、そうでないのでは全く楽さが違います♪



では、どう弛めてあげるか☆

”腸腰筋ストレッチ”で検索していただくと立位で足を前後して伸ばしていく画像が多く出てきます。

でも、これは股関節が悪い(関節周囲の筋力が弱く、他にも硬い筋がある)私はいろんなところが逆に疲れてしまいます。

私はベッドの端から足を下ろして、自分の足の重さと重力でストレッチしています。

☆☆☆

ベッドの端からストレッチしたい側の足を下ろします
もう片方の足をまげて抱えます(これにより、腰が反らない姿勢を作ります)
もし、もう片方の足を抱えることが禁忌だったり、制限があって難しければ膝をたてるだけでも違います。

このときの注意は、

ベッドから下ろした方の足が床に着かず、ぶらぶらしていない方が良いと思います。
ぶらぶらさせて行うものも紹介されていますが、無理なストレッチは体が驚き筋肉が硬くなってしまうことがありますし、どうにもこうにも動けない~!なんてことになっては困るから。

足がつかない場合は、椅子や本を重ねたりして足がつくよう無理のない環境を作ってみてください☆

そして、反対の足を曲げても腰が反っているときは、背中の下に布団や座布団などを入れてちょっと体を起こしているような姿勢をつくると腰が反らない姿勢がつくれます。



この姿勢で体調に合わせ
数秒~30秒程度を数回繰り返しています。
(曲げるように筋肉(腸腰筋)を数秒、弱く収縮させて、その後で力を抜く方法もあります。)


あまりにガチガチのときは、いきなりこのようなストレッチはせず、
仰向けで、弛めたいほうの足をちょっと曲げて、骨盤の内側のへりにゆっくり圧を加えて弛めています。
これで、終わりにする日もあります。



うまく説明できず、トホホ
ですが、股関節疾患の方が少しでもゆっくり寝られたらいいなあと思います。



注)
リハビリもそうですがケアに大切なことはみんな状況が違うということです。

同じ疾患名でも、お隣さんはこんな治療、そのまたお隣さんはこんな治療と違ってきます。 

手術からの時期や、姿勢、動作、関節の状態、痛み、筋や他の組織の状態、画像など
様々な情報を評価して、原因を探って、どのような治療を選んでいくか考えていきます。


全ての方に合う方法をお伝えできませんが、
この方法がお役に立つ方がいらっしゃれば幸いです


この方法が使えなくても、いろいろな方法があります。
腸腰筋が硬いなあとお悩みの方がいらっしゃいましたら、ご自身に合うセルフケア方法を担当のリハに相談してみるとよいかもしれません。


術後の、筋や他の組織の再生が不十分な時期は避けてくださいね。
関節の状態によっては向かない場合もあるので、良い方法を相談してみてくださいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/149-efe87143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。