Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/123-9741bbfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私のRAO・全身ケア方法  2

3)マニュアルセラピー・PNF など

股関節が浅かったり、股関節の前の筋肉が短縮したりすると、

骨盤が前に傾いてしまいます。

すると、体は重力に負けてそのまま前に倒れないようにするために、

体を起こしてくれます。

体は常にがんばってくれているのですね。

すると、腰椎が前彎(腰が反り、お尻が出たような状態)し、

猫背のようになり、頭部が前に出たような姿勢になります。

運動連鎖といいます。


人間の体はよくできていて、

たとえば長い背骨ひとつとっても、

硬い部分(hypo mobility)が生じると、そのとなりの部分は過剰に動き(hyper mobility)不安定性を引き起こすことがあります。

その逆もあります。

そうやって重力のなかでバランスを保っているのですね。


股関節が硬い影響で、股関節の隣の腰部は

腰(の一部)が反る方向に過剰に動きすぎてしまう。

腰を曲げる方向には動きがとぼしくなってしまうことがあります。


治療は、動きの乏しいところを動きを出し、

動き過ぎのところ(不安定)は安定性を高めていきます。

そのために、これらの技術を用います。


必要であれば、背骨の関節ひとつひとつを治療していきます。


股関節疾患、といってもこうやって運動連鎖していくので、

必要に応じて全身をケアすることが大切ですね。





4) セルフケア

・段差を使って、片足をブラブラさせ、重力を用いての関節牽引

・股関節の内側、股関節の前側の筋、大腿部の横の表面の大きな筋肉・靭帯、胸の筋を伸張・緩ませる
:ストレッチやマッサージ、筋膜・筋リリース

・股関節周囲の硬い筋をやわらかくする:手やボール、楽股(らっこ)ちゃんなどをつかっています

・猫背を直す・悪化を防ぐ:立位・寝ての体操

・アキレス腱の伸張

・背骨の可動性を維持する

・体幹(胴体)の深部筋の強化

・背中からお尻にかけての斜めの構造(筋肉など)の強化

・腰方形筋ストレッチ:腰の筋肉です。足が疲れてくると、代わりに(代償)働いて骨盤ごと引き上げてくれようとします。仕事などをしていると、気がつくとガチガチになっています。

・筋肉が緩んだ状態や痛みのないときに、足を横上げする深い筋の強化(外の筋を働かせないようにし、膝を曲げ、足を横上げし、最終域でのみ)

・ワコールの股関節の補助をしてくれるガードルや骨盤ベルトの使用:最近、骨頭の側方変位が生じてきているため

・同じ姿勢でいることを避ける:靭帯性の痛みを防ぐ

・冷やさない:筋肉をかたくしない


などを、日常の中で気がついたときに、無理のない範囲で行っています


全身は繋がっています。

毎日、ちょっとづつ、股関節と全身のケアをしていくことが、

維持、回復、予防に繋がると思います。


できることは、できるときに、

自分でできないケアは助けて~!

と、気を楽にやっていきましょう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunsunsunta2000.blog.fc2.com/tb.php/123-9741bbfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。