Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホソク・5  パンツの罠 と 直筋腱剥離

私の手術は側方侵入。


位置も、なるべく下着をはいてもみえないようにと。


これは、後々には嬉しいことだけど、術直後にはちょっと難ありでした。


T字帯の期間は、傷を消毒するのに、側臥位にされ、パンツを脱ぐ作業はなかったけど、


パンツになれば、傷口を覆ってしまったり、


傷口を圧迫したり、痛くなってしまったり。


意外と難ありなのでした。


看護師さんから、「パンツは、横がヒモか、リボンで外れるのがいいわよ。」


と、言われていたものの、このときまでは理由がわからず、


また、いなかっぺ学生はそんなハイカラなものも持ってなく…


親にそういうパンツを買ってきて、とも、なんだか恥ずかしくて言えず


まさか、脱・T字帯の喜びのあとに、そんなパンツの罠があるとは思いませんでした。


もしも、猪木のような深いパンツ … までいかなくても、


深さがある下着なら大変!


脱がされるのに体を動かすから痛いし、


傷以外も脱ぐことになり…。


なんだか逆に露出が多いことも。


看護師さんの御指導に近い下着(買ってきてもらったり)にしてみても、


こんなことなら、「ふんどし(T字帯)、けっこう!」(Tじたいのほうがまし)


ということも度々。



ところで、当時は直筋腱を剥離・縫合していました。


SLRや、膝の屈伸に時間がかかったのはそのためもあるのかな、


なんて、思います。


一度、侵襲した筋は、何かと大変です。


この7年後、直筋腱付着部にストレスがかかっていたらしく、


下前腸骨棘に徐々に化骨ができてしまいました。


上前腸骨棘と同じ高さくらいまで。


大腿神経麻痺を起こし、痺れてしまいました。


神経剥離と、化骨切除の再手術を受けました。
スポンサーサイト

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

Summer Tirol

理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

Extra

プロフィール

Summer Tirol

Author:Summer Tirol
理学療法士

学生時代、19歳にて右RAO(寛骨臼回転骨切り術)を受けました。

理学療法士を目指す中、医療従事者を目指す1人として、1人の患者として綴った日記です。

途中、痛みと試験ですったもんだしますが(笑)、
沢山幸せももらった時間です。


RAOの術後経過だけでなく、医療者側からは見えない患者様の心や体の痛みが届きますように。


患者様や、ご家族、そしてこれから医療の道を目指す方、医療の道にいらっしゃる方、どなたかのお役に立つことができましたら幸いです。

* 16年前のオペですので、プロトコールは現在とは異なると思いますがご了承下さい。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。